Great Barrier Reef Trip

2月に引き続き4月にもオーストラリアに行って来ました。 

前回ハリケーンの為、水中撮影出来なかったマッカイのスコリミアやナガレハナ、ハナガタなどLPSや、CairnsMarineのAcroporaの採集に同行しAussie Acroporaの生息水深や水中でのスペクトル測定などをしてきました。

港をまだくらい朝7時前に出航し約2時間半でGreat Barrier Reefに到着、Great Barrier Reefも保護地域と採集可能な場所があります。
もちろん、誰でも採れるわけでは無いので政府から許可を持っている業者しか採れませんし、採った場所を船上からIpadなどでGPS登録し音声ガイダンスにしたがって採集記録を報告しています。

私は生き物を飼う場合、主にその生息環境を観察することが重要だと思うので、今人気のオーストラリアのAcropora、特に飼育難易度の高いストロベリーは水深はどのくらい?環境?などとても気になります。

初日は現地到着間もない朝10時半よりダイビングを開始。
今回の採集ツアーには船長のCadelさんと3名のダイバーの4人で1回のダイビング時間1時間から1時間半水深5m未満の浅い場所で水面まで盛り上がるような岩礁の根に活着する綺麗なAcroporaやMomtiporaを採集しています。

私の目的、人気のストロベリーやスパスラータはやはりかなり少なくそう簡単には見つかりませんがスパスラータはいくつか綺麗な物を見つけたのでご紹介しましょう。
スパスラータ、水深アベレージ3mから5m特に浅い2m3mのが綺麗なのがありました。

ウスエダブルーもほぼ同じですがすごく青いウスエダがごろごろあった岩礁とやや薄い青のウスエダしかない岩礁と100mも離れていなくても、色合いの差は歴然とします。

そう、綺麗なミドリイシも普通のミドリイシも並んで同じような環境と水深にあります。
残念な事に二日間で6ダイブ延べ9時間近く潜って探しましたが激美のストロベリーショートケーキは見つける事が出来ませんでした。

その詳細は6月発売のMARINE AQUARISTに記事としてでるのでここでは綺麗な水中の写真をご紹介します。


そして、2月3月4月のKRレビュー賞としてぽあぽあさん、じっこさん、たーぼーさん、といさんにTLFのナノマグをプレゼントします。


hiroさん 柊海さん Shizukuさん、vivimiuさん ミスズさんにはハウスブリーヂングのAussie acroporaよりストローベリーショートケーキ、スパスラータ、エチナタから選んでおくらせていただきます。

Ultra Grade


<< 2014年05月18日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
presented by blueharborホームページへ