KRシリーズ

eco-lamps

LED Aquarium Lighting System

省エネでクールな明るいLEDライトから、待望のメタハラ代替大光量システムLEDライトまでフルラインナップ!

ユーザー登録

KR-CLUB

VitalWave 5W/9W - Supplement type/Main type

新VitalWave

新VitalWave/バイタルウェーブ ラインナップ

型番 / 色名 波長タイプ レンズ 製品スペクトル
原理と効果
定価(税別)
VitalWave 5W UVA370 バイタルウェーブ5W UVA370 UVA 370nm ブルー蛍光タンパク
シアン蛍光タンパク
ガラス
70°
VitalWave UVA370のスペクトル 13,500円
VitalWave 9W Violet バイタルウェーブ9W バイオレット UV補完 ブルー蛍光タンパク
シアン蛍光タンパク
50° VitalWave Violetのスペクトル 13,000円
VitalWave 9W Cyan バイタルウェーブ9W シアン シアン補完 グリーン蛍光タンパク
レッド蛍光タンパク
50° VitalWave Cyanのスペクトル 11,000円
VitalWave 9W Green バイタルウェーブ9W グリーン グリーン補完 レッド蛍光タンパク 50° VitalWave Greenのスペクトル 12,000円
VitalWave 9W Amber バイタルウェーブ9W アンバー アンバー補完 色素タンパク全般 50° VitalWave Amberのスペクトル 11,000円
VitalWave 9W Sun バイタルウェーブ9W サン フルスペクトル 水深10M 50° VitalWave Sunのスペクトル 12,000円
VitalWave 9W Chlorophyll バイタルウェーブ9W クロロフィル クロロフィル 光合成促進 50° VitalWave Chlorophyllのスペクトル 12,000円
VitalWave 9W Plant バイタルウェーブ9W プラント プラント 水草/陸生植物 50° VitalWave Plantのスペクトル 11,000円

Bluetooth+スマホアプリ による調光タイマーを搭載!

専用アプリを使ってスマホからの調光とタイマー設定が可能になりました!

スマホアプリ「ECOPTO」 スマホアプリ「ECOPTO」設定画面

新バイタルウェーブは、E26灯具での従来のご使用方法に加え、スマートフォンをお持ちの方なら 専用アプリを使って出力の調整毎日のタイマー設定が可能になりました。

■アプリのインストール方法

専用アプリのご使用方法については、ユーザーガイドをご覧ください。

こだわりのスペクトルを実現した独自のLED技術!

各カラー毎に専用LED素子を採用し、徹底的にスペクトルにこだわりました!

新バイタルウェーブの採用LED素子群

新バイタルウェーブは、採用LED素子の仕様を全面的に見直し、 全てのLED素子をプロテクションダイオード封入型の3.5mm規格品(一部5.0mm)へ変更し、 また限られたLED素子数と出力の制約の中で設計通りのスペクトルを達成するために、 各モデル毎にLED素子の波長精度や光量を吟味・選定し、また一部のモデルには 独自生産のLED素子を採用し、目標スペクトルの実現にとことんこだわりました。

まず、UV 370nmの波長を補完する新ラインナップUVA370には、 放射束1000mWを超える最強のLED素子を採用し、実用的なUV照度の照射を実現しました。
次に、新ラインナップGreen/グリーンには、520nmの一般的なグリーンLED素子ではなく、 よりレッド蛍光タンパクの励起に有利な530nmのLED素子を採用しました。
また、待望の超浅場用補完スポットLEDとなる新ラインナップAmber/アンバーには、 590nmのアンバー波長はもちろんのこと、クロロフィルaの深赤波長要求に完璧に応えるべく、 一般的な660nm+近赤外線680nmデュアルチップLED素子を アンバー専用に開発・製造して採用しました。 また、同じ近赤外線680nmを新ラインナップChlorophyll/クロロフィルにも採用し、 こちらはシングルチップによる高出力の波長強度を照射可能にしました。
そして、もっとも開発に時間を要した新ラインナップPlant/プラントには、 フラットな可視光線全域と見事に調和する波長強度のUV帯域を実現するために、 400nm+425nmデュアルチップLED素子をプラント専用に 開発・製造して採用しました。

なぜバイタルウェーブはサンゴの蛍光タンパクに効くのか?

蛍光タンパクの発光に必要な励起スペクトル

サンゴが持つ蛍光タンパクは、その発光色により励起(要求)スペクトルが異なりますので、 「青だけ当てていれば維持出来る」という単純なものではありません。

サンゴの蛍光タンパクのスペクトル

例えば、サンゴの蛍光タンパクとしてメジャーなGFP(グリーン蛍光タンパク)だけであれば、 450nmピークの青光だけでも十分に励起スペクトルの範囲を叩くことができますが、 それ以外のBFP(ブルー蛍光タンパク)や CFP(シアン蛍光タンパク)や RFP(レッド蛍光タンパク)等は UV 400nmやシアン500nmあたりの波長域でアプローチしないと、 それらの蛍光タンパクを十分に励起させることができません。 従って、サンゴの多彩な蛍光タンパクを維持するためには、 UV 400nmやシアン500nmをカバーした光源を用意する必要があるのです。

一般的な青白LEDライトでは、サンゴ本来の蛍光色を十分に引き出せない!?

近年、KRシリーズに追随してフルスペクトルを謳うアクアLEDライトが各社から発売され、 光合成や演色性に優れた製品も増えてきましたが、サンゴの魅力とも言える蛍光タンパクの発光や 維持までを視野に入れた製品はまだまだ少ないのが現状です。

各社フルスペクトルとKR93SPフルスペクトルの比較

しかし、お使いのLEDライトを買い換えようと思っても、なかなか大きな出費です。
そこで威力を発揮するのが、バイタルウェーブです。

現在ご使用のLEDライトが上図のように蛍光タンパクに不向きなスペクトルであっても、 バイタルウェーブを足すだけで海中のフルスペクトルに生まれ変わるのです。
それによって、サンゴの蛍光タンパクに必要な波長がほぼ補完されます。

波長補完タイプ 波長完結タイプ

特に近年ブームのオージーサンゴは、400-420nmのUV帯域を必要とする蛍光タンパクを非常に多く持つため、 それらの励起波長が十分に照射できないと、その特有のギラギラとした強い蛍光発光が消失していきます。 そんな場合にもバイタルウェーブでの波長強化は非常に有効に働きます。

特に蛍光タンパクを多く持つオージーサンゴ 特に蛍光タンパクを多く持つオージーサンゴ

もし、400-420nmのUV帯域を十分に含まないライトをお使いで、 こうした蛍光タンパクの強い白光やギラギラ感がどうしても発光・維持できない場合は、 バイタルウェーブ・バイオレットをお試しください。 各社LEDライトやT5蛍光灯をお使いの方からも非常に高い評価を頂いております。 また、今回新たにラインナップに加わったバイタルウェーブ・UVA370を バイオレットと併用することで、よりUV帯域が広がり、オージーサンゴのブルーやシアン系の 蛍光タンパクをより強く発光させることが可能になり、それはイコール蛍光タンパク濃度の 促進にも繋がります。 また、イエローやレッド系の蛍光タンパクにはバイタルウェーブ・シアンバイタルウェーブ・グリーンをお試しください。
一方、蛍光タンパク以外の色揚げについては、新たなラインナップの バイタルウェーブ・アンバーを照射することで、 超浅場のハナヤサイサンゴやトゲサンゴのような色鮮やかな色素タンパクの色揚げにも 効果が期待できます。
その他、これらの波長補完タイプ以外に、波長完結タイプとして、水深10Mのスペクトルを再現する バイタルウェーブ・サン、光合成の促進や植物の栽培に適した バイタルウェーブ・クロロフィル、水草や陸生植物の育成と 観賞性に優れたバイタルウェーブ・プラントも是非お試しください。

専門機関・研究施設向け特殊バイタルウェーブ

水族館向けオーダーメイド・バイタルウェーブ

クラゲ水族館として世界的にも有名な山形県鶴岡市の加茂水族館では、 従来のブラックライト蛍光灯では発光量が弱くて公開を断念されていたオワンクラゲの発光展示を、 バイタルウェーブ400nmスペシャル(特注)を導入することによって2015年3月に無事再開されました。

加茂水族館のオワンクラゲの発光展示の様子

バイタルウェーブには、システムLEDライトでも使用している大光量ランクの高出力LEDを採用していますので、 蛍光管式によるブラックライトとは比べものにならないほどの光強度を確保することが可能になります。

特別仕様のご注文に関するお問い合わせは、有限会社ブルーハーバーまでご連絡ください。 用途・目的に応じたご相談も承ります。
電話:06-6768-2778
メール:info@blueharbor.co.jp

VitalWave 主な仕様

VitalWaveシリーズの各種データ (2017/7以降)

新バイタルウェーブのPSEマークと技適マーク
技術基準適合証明情報(総務省)

消費電力 5Wシリーズ 9Wシリーズ
レンズ ガラス 70°±10% プリズム 50°±10%
重量 195g 225g
寸法 72mmφ×104mm
電源 AC100-240V 50-60Hz E26
電波仕様 Bluetooth IEEE 802.15.1
電波法 R018-160224 (HKSC16-BT40)
電気用品安全法 PSE適合性検査済、PSEマークあり
タイプ 波長補完タイプ
色名 UVA370 Violet / バイオレット Cyan / シアン Green / グリーン Amber / アンバー
型番 VW5UV VW9VL VW9CY VW9GR VW9AB
採用LED素子 オリジナル 370nm Epileds 400nm
Epileds 425nm
Cree XT-E 450nm
Cree XT-E 450nm
Cree XP-E2 475nm
Epileds 500nm
Cree XP-E2 475nm
Epileds 500nm
Epileds 530nm
Epileds 530nm
Cree XP-E2 590nm
Epileds 660+680nm
Cree XT-E 3000K
放射束 1,000mW 2,900mW 2,700mW 2,000mW (740lm) 1,900mW (670lm)
用途 蛍光タンパク用
BFP/CFP
蛍光タンパク用
BFP/CFP
蛍光タンパク用
GFP/RFP
蛍光タンパク用
RFP
色素タンパク用
定価(税別) 13,500円 13,000円 11,000円 12,000円 11,000円
タイプ 波長完結タイプ
色名 Sun / サン Chlorophyll / クロロフィル Plant / プラント
型番 VW9SN VW9CH VW9PT
採用LED素子 Epileds 400nm
Epileds 425nm
Cree XP-E2 475nm
Epileds 500nm
オリジナル 12000K
Epileds 400nm
Epileds 425nm
Cree XT-E 450nm
Cree XP-E2 475nm
Epileds 660nm
Epileds 680nm
Cree XT-E 3000K
Epileds 400+425nm
Epileds 475nm
Epileds 500nm
Cree XT-E 4000K
放射束 3,300mW (570lm) 3,000mW 3,100mW (810lm)
用途 水深10M用 光合成促進用 水草/陸生植物用
定価(税別) 12,000円 12,000円 11,000円
* 都合により予告なく仕様を変更する場合があります
* 上記価格は2017年7月以降のものです
スマホアプリ推奨動作環境
Android 4.4.2~
iOS 8.1~
CPU 2.0GHz~ / 4 Core~
RAM 2.0GB~
Bluetooth 4.0~
* この条件に満たない場合は、インストールが出来なかったり、 台数を増やすと動作が不安定になったり、フリーズしやすくなる場合があります

ユーザーズガイド

■iOS版アプリの使用方法
大変申し訳ございませんが、iOS版アプリ(iPhone/iPad等)はAndroid用アプリと仕様が異なりますので、 下記の対応表を参考にして利用くださいますようお願いいたします。

■ユーザー名の設定
Android版アプリでの表現 iOS版アプリでの表現
Security Settings

(初回起動時のダイアログ)

please set password

(ユーザー名の変更画面)

Setup ▶ Enter Username

ユーザー名を登録する画面です。あとから自由に変更が可能です。
尚、初めてアプリを起動する際は強制的に入力を求められますが、 その際の「パスワード」の表記は誤りです。あくまでユーザー名として設定してください。

■デバイスの追加登録
Android版アプリでの表現 iOS版アプリでの表現
Device Association Setup ▶ Add Light

バイタルウェーブをアプリに認識させて登録する画面です。 バイタルウェーブを通電すればこの画面に認識コードが表示されますので、 それをタップすれば、しばらくして登録が完了します。
※バイタルウェーブを通電してから認識コードが表示されるまで5-10秒程度かかります
※登録済みのライトには「Associated」が表示されます
※登録済みのバイタルウェーブを削除する場合は、該当のライトを左へフリックして、 右側に現れた または をタップしてください(削除まで時間がかかる場合があります)

■グループ設定
Android版アプリでの表現 iOS版アプリでの表現
Configuration Setup ▶ Group Manager

アプリに登録したバイタルウェーブをグループ管理する画面です。 右のライトをタップ(選択)してから、左のグループをタップ(選択)すれば、 そのグループにそのライトが関連付けられますので、 その後の調光操作はグループ単位での操作によって制御が可能になります。
※タップ(選択)の順は逆でもOKです(グループ選択後ライト選択でもOK)
※ライト名を長押しするとリネームが可能です
※グループを削除する場合は、該当のグループ名を左へフリックして、 右側に現れた をタップしてください

■調光やタイマー設定画面
Android版アプリでの表現 iOS版アプリでの表現
Light Control Home

調光のオン/オフやタイマーを設定するメイン画面です。 調光やタイマーなど各操作方法はユーザーガイドに準じます。
※グループ名を長押しするとリネームが可能です

■ボタン名の意味
Android版アプリでの表現 iOS版アプリでの表現
OK Done

タイマー設定等に出てくる「Done」は「OK」の意味になります。

■本体のリセット方法
いずれのアプリも、動作が不安定な際には、アプリの再起動または再インストールと、本体のリセットをお試しください。

リセット方法 コンセントを3回抜き差しして、点滅したらリセット完了です
(点滅後の遮電以降は、アプリ未登録の状態になります)

上記の項目を確認されてもうまく操作ができない場合は、ブルーハーバーまでお尋ねください。
●メールでのお問い合わせ:info@blueharbor.co.jp
●お電話でのお問い合わせ:06-6768-2778 (10:00-19:00) ※月火は休み

VitalWave 使用上の注意事項