レビュー賞 11月

一人目は水草のsatoshi006さん

「30cmキューブ水槽で水草モッサモサに育てたくて辿りついた 」勢い余って2台目購入、ありがとうございます。
そうなんですよ、メタハラよりも光合成量が増えると聞いています。 うちでも海藻の水槽の蛍光灯をFW12Sに変えたらホソジュズモがすごい速度で成長しています。

satoshiさんにはステンレスロングピンセットをプレゼントしましょう水草に役に立つでしょう。

二人目84 さん
84.jpg

sps にDR 最近増えて来ました、ゆっくりとした変化を楽しむ方結構飼えるじゃんという方いますが、やはりLPSの方が得意分野です。 84さんにはブリードミドリイシか赤緑青のセットでディスクを送りましょう


3人目はvivimiu さん

XP(SPと併設)5ヶ月弱苦節半年ようやく適性を見極める事と水質管理がうまくいってるみたいですね。
vivimiu さんには世界の凄い水槽を特集した本Tony VargasのTHE CORAL REEF AQUARIUMをプレゼントしましょう

そして最後にミスズ さん

12か月毎回すばらしい観察報告ありがとうございます。

●KRのオンタイムの設定は飼育環境差からユーザー毎に違いがある事でしょう。
・夜間については数ヶ月に渡りいろいろ試してみたところ、ムーン3%程度でもSPSは明るさを感じているようです。完全にKRを0%の真っ暗闇にした方がポリプの出方という点に於いてはスターポリプの如く激しくなることが分かりました。BCメゾットやアミノ酸等の投与を運用する手段を講じるには完全消灯時間の活用が有効ではないかと思われます。

ミスズさんにはTLFのACROPOWORとBactive8を送りましょう。

12月は年間最優秀レビュー賞を選定したいと思いますのでエントリーを25日までとします。
発表は大みそかの紅白歌合戦の終わるころにしたいと思います。
ちょっと奮発したプレゼントを贈りたいと思います、楽しみしてください。

ラストスパート

今年も気がつけばあと少しですね。 BHの今年の営業も来週の日曜日までです。

フルスペ販売2周年セールもあと少しです。購入ご希望の方はお急ぎください。

生体もドカーンと年末特価しています。プチ贅沢なレア種をお正月前にゲットしましょう。

クラリオンエンゼルブラックバンド、パッサーエンゼル、ブルースポットジョーガリバルディーなどセール価格で販売しています。

今年ブレイクしてきたAUSSIEのサンゴもLPSを中心にセールしています。
あのスコリミアが単色赤や緑のSサイズ7800円からウルトラカラーLサイズ23800円まで等いろいろございます。

最新の入荷速報はBlueHarbor Facebookで配信しております。

お確かめください。

プチ贅沢 

今年の営業も残すところ後4日となりました。新聞やTVではアベノミクスで景気が良くなり懐も緩みがちと聞きますが、まだまだアクアリウム業界にはそれほど還流してきてないのかも?ですね。

それでも新年に向けてちょっと珍しいお魚やサンゴを増やしたいとお考えのお客様の為に珍しく通販サイトを少しずつですがUPしています。
是非ご確認ください。

KRフルスペ2周年セールもあと少しです。もう迷っている暇はないよ!!

2014年のBlueHarborオリジナルカレンダーもようやく明日到着予定です。なかなか予定していた魚が来なくて完成が遅れましたが全て今年入荷した魚達で出来ました。 写真はMARINE AQUARIST編集長の円藤清さんです。 

世界限定300部販売価格¥1500- デビル会員は無料配布です。 そして明日以降の出荷分についてご購入金額5000円以上のお客様にはプレゼントいたします。

今年も無茶苦茶飛び回りました、気がつけばスターアライアンスのステータスがプレミアプラチナの75000マイルを超えて88500マイルです。これは、1月1日から12月31日までの飛行機に乗った実際のマイルしか加算してくれません。買い物やボーナスマイルは加算されないんです。 あと11500マイルでプレミア1Kだぜ! 

最優秀レビュー賞

2011年の発売以来2年間のレビュー172件のうち今年の年間を通してレビューいただいたユーザーの皆様、の中からまっすんさん、vivimiu さん、柊海 さん、の3名に優秀レビュー賞としてBlueHarborの生態購入ギフト券10000円をプレゼントします。

そして2013年の年間最優秀レビュー賞を発表いたします。 ミスズさんおめでとうございます。

毎月、様々な思考と検索を実践し、するどく観察されていてレビューしていただけたことは、これからのReefタンクの指標となるでしょう。  選考の理由として、色落ち色褪せした特売品ミドリイシを時間をかけて大切に飼育し、綺麗に育てあげたことです。
綺麗なサンゴを綺麗に維持するよりもはるかに手間と時間をかけても難しいものですが、そのミドリイシにあった環境を考察しながら照明のコントロール機能の調整やムーンライトの変化などで微調整をしミドリイシだけでなく、その過程で共生するエビやハゼの細かい共生関係の観察はとっても興味深い貴重なレビューとなりました。

ミスズさんには、KR93XP-24SかKR93SP-24Sのどちらかご希望の物を贈呈したいと思います。

KR93SPは2012年度より大学の研究機関や国営のサンゴの研究機関の水槽や多くの水族館でもサンゴの展示水槽で使用され、その性能は実証されています。2014年度も2月に新たに設置される国営の研究機関にも導入される予定です。  

今年発売されたRadionProやAIの新型もUVやCyanを取り入れた類似フルスペクトルとなってきました。しかしこれらは、3Wや5W素子を使用しているためサイズの割には140w前後とメタハラ相当になっています。 1W素子ですべて構成されているKR93SPとは省エネや効率が比べものにはならないでしょう。 日本に較べれば電気代が安い海外では省エネについては、まだそれほどでは無いように思いますが、年末に見学したサンフランシスコのステインハーツ水族館やモントレイ水族館でもLED照明に徐々にシフトしていました。

プロテインスキマーや水流ポンプが劇的に進化したようにここ数年はLED照明がその主役となるでしょう。 

 

<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
presented by blueharborホームページへ