花咲く!

突然ですが、恒例のお花見を4月3日の火曜日に行ないます。場所は大阪厚生年金会館前の公園で19時より始めます。御馴染みの博多玄風館の焼肉も半年振りに登場です。H田さんよろしくお願いします。今年は、実行委員長にMASAが任命されました。成長した?MASAのバーベキューを楽しみにご参加の皆様ご支援のほど宜しくお願いします。

私は明日からTwoLittleFishesオーナーが来日されるのでジャパンペットと東京ショップめぐりに行きます。関東地区の方日曜日に東京近郊のお店でお会いしましょう。
ショールームオープンから半年経ち、やっと花咲くようになりかけている。今日からは神戸花物語、神戸国際展示場で海洋博覧会記念公園管理財団のブースのお手伝いをしています。なんのこっちゃわかれへんという人も多いでしょうが、美ら海水族館と聞けばこのブログを見ている人は知らない人は無いでしょう。

実は美ら海水族館は以前沖縄国際海洋博覧会1975年開催の会場跡地にあります。その同じ敷地に熱帯ドリームセンターという花と植物の綺麗な公園があります。今回はこちらのエキシビジョンのブースに沖縄の海を再現するように水槽をレンタルしています。


熱帯ドリームセンターここのランは素晴らしいので美ら海水族館に行かれたら是非立ち寄って下さい。ショールームの開店祝いに頂いた胡蝶蘭も2度目の花を咲かせています。

美ら海水族館といえばジンベイザメが有名ですね、

ここから先は会員サイトのみでの公開となります。

続きを読む "花咲く!"

嫁獲りゲーム参戦!

今日は独身を貫いて4十数年の殿がhttp://www.berurinn.com/遊びに来られていた。先日、ネットゲームリネージュで5年の戦いに終結宣言をされた(本当にするんか?疑問?)引退後はまたサンゴ飼育に専念しますか?「ちゃうちゃう結婚するねん、まだ相手は見つかってないけど見合い相手探してんねん」注意、殿のちゃうは奇数は否定、偶数は肯定この場合ははいそうですと訳す。 どうりで、ずいぶんカジュアルじゃないですか殿!いよいよ嫁獲りゲームでっか?
殿
「そうやねん、そう思うて釣書渡してこの娘でええ言うて見合いしたい言うても、会う前に断られてん。2回続けてや!今度フィーリングカップル5対5で見合いしよういうてリッチな独身メンバー募集中や誰かおらんか」タンダリン、B東さん、管理人、みんな×一や!もてよる。殿が引き立つメンバーを選抜せなあきません。「女性陣は医者、弁護士、公認会計士のセレブ奥様になりたいらしいんや」T教授に頼んで研修医呼んでもらいますか?今から医者にはなれっこ無いけど、病院作って理事長になればええやないですか。あっちこっちに水槽おいて経費で落として人魚飼いましょう。取り合えず、魚でお見合いの練習でもしませんか?喧嘩してたのにいつの間にか仲良くしているのは不思議やで!
この場で募集!!殿の花嫁応募受付「容姿端麗、性格、家柄共に良い20代で健康な子供が産める方」以前はこれに○女でないとあかんという事が絶対条件であったがそこは寛容になられた。
殿は大阪府堺市では有数の資産家です、自宅の敷地は1000坪で不動産賃貸業を代々している。
昔は和歌山まで自分の土地だけを歩いていけたというほどの名家。
愛車はベンツS500趣味はダイビングとアクアリウムとゲーム茶道と生け花をたしなむ愛犬は柴犬のリッチという性格は非の打ち所が無いくらい、すばらしい。来週はお花見が控えているもう少し持ち上げよう今年も極上和牛待ちしています。人に対して優しく慈悲愛に溢れている。
そういえば、先日コーラルフィッシュの編集長にいただいた最新号にH崎さんが登場しているではないか?水槽の真ん中に深海のコモンサンゴが写っているではないか、うれしいね!今後が楽しみだ。ペア飼育を心がけているというのも嬉しい限りです。来週はあのチョウチョウウオをペアで泳がせてもらおう。

隠熊蚤

今日は、来訪者が多かった。午前中LSSの岡部氏は今週2回目の登場らしい。東京からマイルを貯める為に日帰りしているらしい。今週は忙しく顔を見ることは無かった。がんばってるね!ジャイアンツみたいな経営しないように。
午後からは初心者向けのアクリウム雑誌コーラルフィッシュの編集長村上琢太氏が来られた。
昨日連絡が入っていたみたいだが、この本のライターに一度スッポンかまされているのでDevilの低気圧が発達するのを恐れたスタッフがアポを入れていなかった。運良く、会社にいればご挨拶したいと言う事で、午後にお見えになった。この方は、京都の出身だそうでこの本の編集長をする前はバイクの本を作っていたそうだ、バイクでマニア向けの本を作りすぎて一般受けしにくくなり初心者目線の海水魚の本を作る事になったそうだ。彼自身がカクレクマノミがちゃんと飼えるようになるような本を作りたいと読者目線で始めた本が10冊目となり、同時にスタートした読者の方が脱初心者となりそろそろ、少しはマニア向けに転換を図ろうと言う事なのかもしれない。

ド素人が、ちゃんとした本を作りたいなんて、大それた試みであるが非常に面白い!同時に始めた読者のほうが先にマルチカラーエンゼルを買ったという。私はフレームAで踏みとどまっているのに先を越されたと村上氏がいう。
私も12年前にド素人で騙されながらこの業界に足を踏み入れた。当時、御教授いただいた諸先輩の教えに背いて今が有ります。そもそも知らないうちは、指導してくれる方がすべてのように思いがちであるが、だんだんと知識が増えてくると疑問が増えるのだろう。 例えば、水槽のメンテナンスを請負って毎回大量の海水を交換するのに現地で水道水で塩を溶かし、飾り岩を取り出し熱湯をかけて洗い水槽を徹底的に磨き上げます。確かに水槽は綺麗になるが此処の魚はどうなるでしょう?時間をかけ費用も嵩みますが生き物にとっては迷惑ではないでしょうか?それでも労力に対して費用は発生しますが結果は目に見えるでしょう。事実毎回魚が死んでいくのを持って行くのが売上げになるようなメンテナンスをしている。私はそんな面倒くさい事が嫌だから、フル装備で水質の安定するシステムを作ります。
初期のコストは嵩んでも、ランニングコストは下がります。
この本に関して、協力している業界人よりホビーストの協力者のほうがずっとレベルが上だと感じています。

自腹で必死にうまく飼いたいと思うアクアリストより必死に勉強している店員はどれくらいいるんだろう?自社の商品の調整法も解っていないメーカーの営業も多い。正しい使い方を教えないで5個買うと20%引きますとか、10個買うと30%引くとかに終始した営業をする。結果お店は安売り競争をして、問題が生じるとメーカーに直接言えという。そんなんでええんかい!と思いませんか?
そもそもこういう本は読者目線が売りのはず、しかしながら内容は広告主在りきに偏っている。読者に正しい情報や知識を伝えるのが役目ではないのか?
広告主のショップやメーカーを褒め殺しにした情報操作は正しいと言えるのだろうか?広告出してくれたら嘘でも褒めちぎったるで!みたいなのはどうなんや!
この本の一部の記事を扱うライターが広告代理店をしていて、そのクライアントに有利な内容の記事を捏造しているのが原因だろう?編集長は取材先で当社の商品が使われている事も在るので普通に会話が出来るような関係でありたいということでご挨拶に来られた。基本的にはニュートラルな方だと思う。読者目線で判断する事も出来るだろう。BHは敷居が高かったと言っておられたが殆どの初心者は
そうなんだろう?自分が行きつけのお店で欲求不満になった人がお客様になるようなスタンスの
お店でもいいと思う。恐々覗いてみたら意外と心地よいお店であった。店舗は地下なのに入り口は2階に有るみたいな不思議な雰囲気、Devil会員の大半はそうであろう?
カクレクマノミとハタゴイソギンチャクをうまく飼うのはすごく難しい、スミレヤッコとシマヤッコもそうだ。

おそらくキャンデーバスレットより確率が悪い。ゴールデンAシマヤッコ、スミレヤッコなどを店では薄暗い場所の小ケースに入れて餌付けをしてやると比較良く餌付ける事ができます。

ここから先は会員サイトのみでの公開となります。

続きを読む "隠熊蚤"

ポイントカード

店頭にご来店いただいているお客様は既に持っていると思いますが、この度通販サイトもポイントカードをお作りする事が可能になりました。通販サイトも少しずつだが、活性化しているのですがまだまだ更新がスムーズには行なえていない。しかし通販のお客様にも店頭と同様のサービスが出来るようにこの度ポイントカードをお作りしました。

card.jpg


サイトの商品にそれぞれポイントが点きます。1ポイントに付き¥100-のお買い物が出来ます。初回、ポイントカード発行事務手数料として¥500-必要ですが、最初にご登録いただいた日から、最大1年間貯める事が出来ますし、毎回の購入でのご使用も可能です。1年間貯められたポイントは3ヶ月有効のクーポンとして発行されます。商品によりポイントは違いますが、中にはシークレットポイントやプレゼントポイントなども隠して楽しんでお買い物していただきたいと思います。



ワイルドミドリイシ入荷☆

Devil会員は入会金¥10000-で¥3000-x5枚分の¥15000-分のポイントが発行されます。
通販でのポイントカードはBHで管理いたします。毎回ご注文発送後に、メールでポイント残高をお知らせいたします。Devil会員も増えすぎると、競争率が高くなりますね。と言う事で会員サイトになって半年の4月末で、1次会員は受付終了とします。5月1日以降は2次会員として入会金¥10000-で¥3000-x4枚のクーポンでポイントカード¥12000-分としようと思います。
それでもお得なのですが、断然いまご入会された方がお得です。

財団法人黒潮生物研究財団

昨日は、平成18年度財団法人黒潮生物研究財団の第2回通常理事会であった。

毎年、5月か6月に高知で1回目の理事会を行い2回目は決算報告と次年度の事業計画を兼ねて、大阪市内で開催している。というのも理事長はステラケミファ株式会社の深田純子会長で本社が大阪市中央区に在ります。ステラケミファ株式会社はリチウム電池の原材料を作っています。シェアは世界一です。
この財団はステラケミファ株式会社が株式上場を記念して社会貢献したいと会長の持株を寄付して作られた財団です。といっても財団法人を設立するのは並大抵の事ではありません。
私は、BH設立以前からこの財団を設立する為の準備に携わっていました。 会長がまだ社長で忙しい中、総合ペット店でマリンアクアリウムを始めて、カクレクマノミがうまく飼育できないというこたからお客様として知り合い、信頼関係を築き、「株式上場の際に社会貢献がしたいので何か無い?盲導犬の財団とか考えているけど他にいい案無いですか」?と聞かれ私が海洋生物の研究財団でも作りませんかと言ったのが事の始まりで、「それ良いやん作ろう」と言う事で準備室長の肩書きを頂き、内閣総理府にご相談に行き趣意書を提出し折衝を開始し、ステラケミファ三宝工場に海洋生物研究所を開設し主任研究員を迎え入れサンゴの研究を始め、岩瀬専務理事(当時は串本海中公園の黒島研究所に赴任中)を口説き落とし引っ張り、責任者としてバトンタッチし岩瀬さんが財団法人として高知県に認可を得て高知県幡多郡大月町
に現研究所を開設した、黒潮財団も設立8期を迎えます。 私は設立前から関わっているので理事として加わっています。最近は、理事会で一緒に食事をする以外に何もしてはいないのですが・・・建築や設備が私の分野です。 
黒潮生物研究財団では開設時からクシハダミドリイシの採卵からの着床実験をし、サンゴの種苗生産技術を確立するようになりました。 卵からの種苗生産で再生事業と一部はアクアリウムへの供給を今後は目指し事になるでしょう。

岩瀬さんはソフトコーラルの研究者としては日本でも有数で、お堅い研究者と言うよりはアクアリウムにも理解のある方で、マリンアクアリストの記事やCORALS日本語版の翻訳をしていただいています。

昨日は理事の深見先生(高知大学 大学院黒潮圏海洋科学研究科 教授)が高知空港で搭乗予定の飛行機がキャンセルになり遅れて到着した。その飛行機は胴体着陸をしたボンバルデイア機だった。
空港内では、理由は一切アナウンスされずにキャンセルになって知らずに次の飛行機で伊丹に降り、娘さんからの電話ではじめて知ったという。全員無事で良かったが、こんな飛行機を飛ばせていいのだろうか?しょっちゅう故障している。
理事のもう一人亀崎直樹さんは東京大学 大学院農学生命科学研究科 客員助教授ですが、NPO日本ウミガメ協議会の理事長として有名で世界中のウミガメの調査をしています。日本でも、小笠原、室戸、黒島と観測地点を設けています。このようなNPO法人の活動費用は少なく、環境を考える支援者の援助で運営されています。ウミガメの衛星による追跡調査は興味深いものがあります。海亀について詳しく知りたい方はアクセスしてください。
黒潮財団もブログが有ります、よければ御覧下さい。

<< 2014年03月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
presented by blueharborホームページへ