UnKnown Fish

今年も1月がもう終わる。 新年早々2匹も未記載種?と思われる珍しい魚が入荷していた。
一つは沖縄の深海から採集されたPlectranthiasの仲間でアプリコットバスレットのような色合いだがニシキハナダイを少し細長くしたようにも見えるしイズハナダイSPのような色彩でもある。

去年バラハナダイを入手したお客様の低水温の水槽にすでに嫁いでしまったが、元気良くしている。
最近、少しずつだが低水温の綺麗な魚を集める人が増えている。

定置あみで巻きあがるアカグツのようなゲテモノやマツカサウオのような珍しいがクオリティのわからない当たり外れの多いものではなく、丁寧に採集されて餌食いも良い状態に仕上がった色鮮やかなハナダイやバスレットを密かに楽しむ大人の飼育スタイルである。

ニシキハナダイ

このような魚は水温と浮き袋や、腸内の細菌や酵素の調整が微妙に影響が有ると私は考えている。
この事はもう少しまとまった時に触れたいが、インドネシア便で良く来るリオプロポマSPは23度前後では良くお腹が膨れて浮いてしまうが、19度から20度だと普通に泳いでいる。 
特にリオプロポマは敏感に感じる。ハワイのオーロラバスレットもそんな感じがする。

採集した人から水深や水温の情報を得るのは重要なことになる。魚は服を脱ぐ事で体温を調整する人間と違うので自分の快適な水温の水深や環境に移動する。トワイライトゾーンの魚を集めるには真冬が一番チャンスが多い。
水面と深場の温度差が少ないので浅い場所まで上がって来ることが有るためだ。真夏は27度や28度もある太平洋側も今は18度くらいまで下がっている。
レンテンヤッコの幼魚も今は18度前後の海にいるのです。これから2ヶ月は一番水温が下がる季節ですが熱い入荷が見込めるかもしれない時期でもあります。

中南米CuracaoのSubStationで採集されたLipogramma robinsiはまだこの魚がRobinsi なのかどうかがはっきりしないまま送られてきています。

この魚は、小型の潜水艦を使い200m近い水深で採集されています。そして、数十メートルごとに設置されたカプセルまで潜水艦でゆっくりと時間をかけて持ち上がります。それを数日間か続けて地上に持ち上がります。潜水艦ならではの作業です。 この魚はたぶんRobinth?Maybe Robinth?
Perhaps Robinthくらいにまだ曖昧です。 でも今まで見つかってない魚です。

学術記載があっても写真も無いし、標本などもないので学者の間でも議論が続いている。
常に塩ビ管に隠れているが、サクラエビの冷凍を与えると出てきて食べている。
明日は、撮影に円藤氏がやってくるので少し飾りつけを水槽にしておこう。
もうすぐ、ここに移転して2年が経つ、週末から2周年記念セールでも企画してみようかな?
来週も、今大盛り上がりのAussiAussiAussi Aussiが予定されています。グレートバリアリーフの上と下から2便が予定されていますが、私は週末はChingChai氏の水槽を見にBangKong行きます。
1年ぶりの彼の水槽はどうなっているのか楽しみです。

Strawberry short Cake Fair

私の大好きなイチゴのケーキは帝塚山のポアールのシャルロット・オ・フレーズです。


ここのケーキは甘さを控えてあるのでとても安心して食べられる。
3人の娘達や妻も良く、ティータイムにわざわざ行くみたいで、京都に住む長女も帰阪の度に行きたがるお気に入りです。
今日は、ポアールのイチゴショートケーキの魅力についてご紹介したいのですが・・・・・

オーストラリアから昨夜届いた、もう一つのストロベリーショートケーキがたくさんあるのでそちらの魅力的な写真を少しご紹介しましょう。


こうして準備している間にどんどんなくなっていく・・・・


今回のAussiのアクロポラの極美は群を抜いている、リセット予定のZezevitが完成してしまったと思うほどの美しさだ。
左KR93SP-30B右KR93-30S


Julianさんすばらしい、出荷をありがとう! 来月日本に来た時はご馳走しなければいけませんね。

脱走!!

昨日はフロリダダイナスティー便にEcolamps KRFullspectrumの初期ロット残りにオーストラリア便のSPS中心のサンゴの入荷だったが、ジェットスターが関空に到着する頃に私は関空から羽田空港経由の深夜のLA行に乗ってロスに来ています。

羽田空港では刷りたてのMA62号1200種Fishアトラスをわざわざ届けて下さった円藤編集長にこれまた、やっと完成した2012年BlueHarborカレンダーほとんどの写真は円藤編集長の写真ですが、ここにいる魚は1年間に入手した希少な魚達のメモリアルな記録です。

今回は、海外配布分の一部20部だけ早刷りしてもらいアメリカの友人達にお土産に持ってきた。
日本の皆様には今週末からの配布になります。 限定数300部のプレミアカレンダーなので配布には少し条件が入ります。デビル会員の方は無条件でお渡しします。 その他は、1万円以上のお買い上げの方に先着順でお渡ししています。

表紙のキシマハナダイの鮮やかさに、1月は今が旬のレンテンヤッコの幼魚今年は久々に流通しています。


このカレンダー製作始めるころにいつも珍しいのが集まりそうに成るので、ズルズルとずれてしまう
今年もギリギリになり珍しい珍しいものがやってきた。
それはカレンダーの最後に載せていますのでお楽しみに!!

Monotone?老婆11年ぶりに再会

今日到着が遅れていた老婆がやっとやって来た!

Pomacanthus rhomboides 前回は2001年の2月に4cmくらいの幼魚が2匹入荷していた。それ以来の久しぶりの入荷である。


この魚は紅海から南アフリカまでの沿岸やマダガスカル、サウジアラビアからパキスタンインドまでの沿岸に生息すると言われているが何処から来たかは謎である。

世界中の猛者からいろんなオファーが毎週のように来るので精査しないと大変だ。
 

当然、これが来るならあのゴールデンカラーの格好良い奴も一緒に来る!?とそう信じていたが、金色に輝く可愛いゴールデンラスと言うようなベラ

Anampses lineatusだけであった。
年末が近づくにつれていろんな話があるがはたしてどうなんだろう?
せっかくいろいろと手を尽くして手に入れた希少な魚やサンゴも後追いの価格競争の題材にされては馬鹿らしくなるだけである。


もうそろそろ棺桶に片足突っ込んでいるような老兵は引き際をわきまえないと単なる老害に過ぎないだろう。


オールドウーマンエンゼルなんて格好悪い名前だがとても個性的な魚で、仕事で東京葛西水族館に行くたびに見とれてしまう。
今回も11年前と同じ飼い主の元に嫁ぐことになる。またモノトーンな水槽の仲間が増える。

42hour

BH入口正面にある120cmの水槽にあるカリブの深場60m付近に稀にあるPalythoa grandisが本日少しまとまって入荷します。

10years ago
この水槽にあるZoanthidsのPalythoa grandisはかれこれ10年以上前にKimieちゃんの水槽に在ったもので時折成長したものを株分けしていたが普段は非売品としてお断りしてきた希少な大型の綺麗なボタンポリプです。それが今日フロリダより42時間の長旅で到着します。
今週の入荷のプチレア種ムナテンベラ1個体¥2500-近海種ホシニセスズメ1個体もなかなか手に入らない種です。

 ミクロネシア便ミジンベニハゼペア¥35000-ミジンベニハゼなのに柿色なのが良いですね。

4cm未満
そしてお待たせ、レンテンヤッコBabyは今週2匹の入荷です。1匹は店頭発売1匹は通販の販売に成ります。平日の開店時期にご来店いただいたお客様ラッキーでしたね。 

通販分はたぶん、明日のどこかで通販サイトに上がると思います。ちょくちょく覗いてみてください。
Baliビンハイマツピンク

今日は朝からインドネシアのサンゴと魚20ケースの入荷が有りました。
アザミハナガタ
KR93はフルスペクトルの製造が遅れてご迷惑をおかけしています。
本日メールでエコランプCharls社長より
The SP light will be shipping on 25 Nov. 2011, Please list which one is most urgent, we try to ship few days earlier.

Best regards,

Charles Li

とのメールが届きました。


ただ、ノーマル機種でもかなりの性能で正面120cmの水槽のミドリイシはメタハラMT250Wx2灯スーパークール150Wx2灯の時よりもかなり色が上がってきています。
明るさだけでなく青色の時間帯がかなり有効的に色揚げを促進していると思います。ダイビングで観察した時に時折昼間はほとんど光の当らないような場所に蛍光色の綺麗なサンゴを見ることがあります。角度的に朝日や夕日などの特定光線しか届かないような岩陰や斜面などです。
その効果はある意味Zeovitをも超えていると言っても良いでしょう。
入荷時のストレスで色が悪くなったミドリイシが先端にブルーやパープルの発色が増えて蛍光色も目立ってきました。
ノーマル機種でもこれくらいならフルスペクトルはもっと良くなるはず!?と期待してしまう。

<< 2014年05月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
presented by blueharborホームページへ